2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.17 (Tue)

人間ドック行ってきました。 

飼い主、人生初の人間ドック体験してきました。

コースは
日帰り人間ドック+脳ドック+婦人科検診。

人間ドックの項目の多さにびっくり!

最初に身長・体重・腹囲で衝撃を受け、
これでもかって感じで血を抜かれ
血圧は3回も図られ、聴力は適当にボタンを押して、
肺活量の無さに凹み
眼球に空気をかけられたり、目玉の写真を取られたり……

脳ドックは、ウトウトしだすと、
いきなり工事音に似た音がしてギョッとしたり。


何といっても辛かったのが、胃の透視検査、バリウムです。
「バリウム」なんて聞いてないよーと思いながらもスタート。

最初にまず胃を膨らませるために炭酸の薬を飲まされます。
「5分位で終わりますのでげっぷは我慢してください」と云われるが
どこぞの漫才師と同じで、我慢できるわけもなく、
しょっぱなから、げふ~っとなってしまいました。

そして、あのバリウム。手に持っているだけで、水よりはるかに重い。
甘いセメントを飲んでいるようで、飲み込めない。
「残りは一気に飲み干してください!」と検査師さん。
「お前が、飲めやー!」と逆切れ状態になるのを
どうにか押さえて、涙目で飲みました。


その後、痛いと噂のマンモグラフィー。
やってくれたのが、これまた若くてかわいいお姉ちゃん。
自分のちち肉を、
まるで物の様にグニグニひっぱられ、こねくりまわされて
プラスチックの板に挟んでギュウ~。これが左右で4回。

すべて、終わった頃にはぐったりでした。


健康診断にいって、人間の尊厳を捨ててきた感じ。 ←大げさ。
結果は、後日郵送にて。


帰りに病院がくれた御食事券で近所の洋食屋さんでランチ。
これが、以外にもおいしくてご機嫌になって帰ってきました。




<おまけ>


以前、出会った仔猫。
水色のふちにルビーの瞳。とってもかわいい仔でした。

0100307c.jpg

もずくさんの目にはどんな宝石が……。

スポンサーサイト
23:25  |  その他  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。